頼ることができない環境

一升餅祝い / Xe2s xf23mm f1.4

海外生活7年目

頼ることができない環境に、自ら突き進み7年目。
そうすると、自然にこの環境にも慣れるもんだ。

ポルトガル語、ゼロだった。
しかし、いつからか、喋れる様になっていた。

けど、頼れる通訳がいると、語学なんか習得できない。
頼ってしまうと習得できない。

頼ることができない環境だと、
自分でコミュニケーション(言葉と行動)をとって、自分の考えを伝えなければならない。

いつもより理解し合うのに時間かかる。
苦労するよ。

頼ることができない環境の価値

この苦労が、喋れるという価値になって自分に返ってくる。
けど、頼れる通訳がいたら喋れる価値は習得できない。

これは、語学の話だけど、なんでも同じ様な気がする。

何か習得したければ、頼ることができない環境に突き進んでみる。
何かが得られる。
頼ることができない環境の価値が、安く見積もられている気がする。
苦労することを、やりたがらない分、価値が上がってる。

2022-08-22|
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。