干物を作るための環境

干物作り / Xpro2 xf35mmf1.4

干物に適した環境

当たり前だけど、干物はジメジメしたところでは作りたくない。

どうせなら、潮風がソヨソヨ吹いて、太陽がサンサンと降り注いで、夜は少し寒くなる様な感じが理想。

それって、ここ。
ポルトガル南部・アルガルベ。
アメリカのカリフォルニアと同じ、西海岸生気候。

干物作りに最適な環境。
実際に干物を作ってみたけど、良い一夜干しができました。

当たり前の環境

この環境下で、魚を開いて、1時間程度海水につけて、真水で洗って、干せば干物になる。

けど、これが同じ環境(雨が多い)でないと、干物製造機(魚乾燥機)なるものを設備投資しなければならない。
実際に日本の多くの企業が、干物の生産性を上げるために、設備投資をしている。
そして、運用するためのランニングコスト(電力)・メンテナンスコストも必要。

自然が生み出してくれる、ポルトガル南部・アルガルベの環境価値はすごい。
干物と日本人の目線で見たらね。

けど、ポルトガルで生まれ育った人は、この環境が当たり前。
そして、そもそも干物なんて作らないよ。

結局は比べる対象がなければ、対象を知らなければ、それは価値にならない。

当たり前だから。

当たり前は価値にならない。
けど、当たり前にこそ価値がある。

2022-08-20|
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。