ヨーロッパのマグロ文化

田中 一です。
ポルトガル南部・アルガルベで、ポルトガル人漁師と日本式定置網で本マグロ(大西洋クロマグロ)を漁獲しています。
ポルトガルで獲れた本マグロで、日本とポルトガルを繋ぐ事を目標に活動しています。
マグロが大好きです。
マグロの情報をメインに発信していきます。

ヨーロッパのマグロ文化研究

実は、こっそり、ヨーロッパのマグロ文化の研究をしています。
調べていくと非常に面白いことばかりです。

ポルトガル・ファロ海洋博物館

ポルトガル・アルガルベ沿岸で行われていた、定置網漁業の定置網の模型があります。
ポルトガルの定置網漁業は、1970年代・社会事情等を背景に”ゼロ”になりました。

スペイン・タリファのレストラン

定置網の図面が書かれた、マグロ専門レストランを発見しました。
マグロ定置網・マグロの食文化が地域に根付いています。

スペイン・カディスにローマ遺跡

マグロ加工場が併設された、ローマ遺跡。
ローマやミラノのグルメな貴族の為に、ガルムと言う魚醤を作っていました。
作られた魚醤は、ジェノバを始めローマまで船で輸送されていました。

ヨーロッパのマグロ文化を次世代に繋げる為に

マグロ漁業の文化
マグロの食文化


ヨーロッパのマグロ文化を次世代に繋げる為に、日本人が培ってきたマグロ文化が少しでも役に立てればと思います。

漁業と食は、一つの文化を作ると思う次第です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です